Hulu限定 ウェントワース女子刑務所は主婦がトップに上り詰めるまでの下剋上がスゴイ!

Huluプレミア(限定)で配信されているドラマはどれも面白いものばかり!

Huluでしか見られないドラマなので優先してみてるんですけど…

 

ウェントワース女子刑務所は観てみようと思うまでのきっかけが少なくて、すっかり観るのを忘れていました…わたしおバカさんでした。

 

ターコイズブルーのスウェット姿のおばさんたちの群れが地味だけど、観はじめたらノンストップ…

 

3:00a.m…あきれ果てて起きてきた夫に、リビングの電気を消されたと同時にシーズン1を観終えました!グッジョブ私(/・ω・)/

 

現在シーズン5がオーストラリアで放映していて、日本ではHuluだけで、3月2日(木)からシーズン4の配信がはじまりました。今後は、毎週木曜日に1話ずつ追加配信が予定されています。

 

これに合わせてシーズン1~3の吹替え版も追加されて、ますます観やすくなりました!

 

ウェントワース女子刑務所を観に行ってみる!

 

ウェントワース女子刑務所はどんなドラマ?(ややネタバレ)

オーストラリアのテレビ界の数々の賞を2014年から総なめ状態のウェントワース女子刑務所は、世界20か国でフツーの主婦中心に中毒者が多発中。

1シーズンが12話なので観やすいです。(シーズン1のみ50分10話)

 

女たちの格付けバトルがマジ怖い

DV夫に耐え切れず殺害を実行するけど、未遂に終わりウェントワース女子刑務所へ入所したフツーの主婦ビー・スミスが、伝説のボス「クイーン・ビー」となるまでの軌跡。

 

主人公あるあるで、入所してすぐ何故かボスに目を付けられたリしてトラブルに巻き込まれていきます。

 

男性刑務所ものほど迫力はないけど、女子ならではの心理戦が恐い…たぶん男性はあんまり観ないと思うけど観たら怖くてちびっちゃうと思う。

 

塀の中の世界の出来事だけど、もし自分がこの状況でこの中にいたらどうなるだろうと想像すると本当にゾクゾクします。

 

では、ターコイズブルーのスウェットの群れをご覧ください


こわいです(T_T)

ウェントワース女子刑務所を観に行ってみる!

囚人たち紹介! シーズン1(ややネタバレ)

ビー・スミス

夫の殺人未遂容疑でウェントワース女子刑務所に入所。

おろおろしながらも、なめられないように一生懸命がんばります!

家にいる娘ちゃんのことが心配…

フランキー·ドイル ⇐現在のボスの対抗勢力

ビーが暮らす棟のボスで、ビーに入所歓迎のお仕事させます。

若いしカッコ可愛い!女の子が好きな小悪魔ちゃんです。

フランキーいないと絵的に地味すぎる…

同じ棟(H2棟)のメンバー↓

左から、フランキー、ドリーン、リズ、ブーマー、ビーだよ!

 

リズ・バーズワース

刑務所内のお世話役。ビーに刑務所内のことを教えてあげる。

本当に普通のお母さんタイプ。なぜ彼女のような女性が刑務所にいるのが不思議

 

ドリーン・アンダーソン

刑務所内で生まれた女の子を可愛がってる。

 

ブーマー

フランキーの用心棒で迫力満点なんだけど、おまぬけキャラでなんか憎めない。

 

キム

フランキーの彼女 お色気担当

※訂正⇒キムはD6棟でした m(__)m でもしょっちゅうH2棟にいるんだけどね…

 

 

ジャックス・ホルト ⇐現在ボス

Fay Pandoさん(@faypando)がシェアした投稿


何故か、ビーに目を付けて何かと呼びつけたりトラブルに巻き込んでくる。

犯罪一家「ホルト家」のゴッドかあちゃんで、あらゆる面で女としての意地が怖い…(T_T)

 

※ジャックスのグループは筋金入りの犯罪者揃いでイカツイです。

看守たちを紹介!(ややネタバレ)

上段左から、フレッチャー、エリカ、メグ、ファーガソン(S2から)
下段左からリンダ、ジェイク(S4から)、ヴェラ、ウィルですね(*^^*)

メグ(看守長)

敏腕看守長。厳しい。

 

ヴェラ(副看守長)

小柄でオロオロしてる。囚人たちにはなめられてるけど、細かいところ見てるし、やることはやってる。

 

リンダ

囚人たちとうまくやってる。サバサバ系。

 

ウィル

メグの夫。元社会福祉士。囚人達に対して思いやりがある。

 

フレッチャー

元軍人。囚人達に対して結構厳しい。

 

エリカ

囚人たちの更生プログラムの担当者。立ち回りがうまいタイプ。

フランキーに迫られてる。

 

ウェントワース女子刑務所のここが好き♡

 

ウェントワース女子刑務所は、刑務所ものだけど、人物描写がいい!

入れ替わり入ってくる囚人もみんな個性的だし、現実的で現代的。

 

特にシーズン1は、主要メンバーたちが、なぜ、どのような経緯でウェントワース女子刑務所に入ってきたかを描いているんだけど、「だれにでもある心情・ありえる出来事」が罪の原因でなんかグイグイ来ちゃいます。

 

あ~、彼女も私の中にいるな…と。

 

ビーの初仕事とかはドキドキするし、お仕置きシーンは間違いなく怖いけど、自由な時間に棟のみんなでテレビ見たりお茶飲んだり、なんかそういう日常の感じはなんかホッとするし好き。

 

それから、なんか刑務所内が意外と自由にみえるのも観てて辛くない感じ。

オーストラリアの刑務所がオープンなのか、オレンジ色のジャンプスーツじゃなくて、スウェット姿だからなのかな?

 

…あのスウェットが欲しくなってる自分が怖い(;・∀・)

 

そうそう、看守たち側にもドラマがあって、だんだんとシーズンが進むにつれて囚人たち側のドラマと重なっていく…

そこが、やめられなくなっちゃう一番のポイントかな?

 

Hulu観てるなら、ウェントワース女子刑務所を観ないと損です!

 

 

スポンサーリンク